2020年 2月号 Vol.113 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

特集 海外医療情報

Case Management Advisor

救急車や救急部の過剰利用を減らす
APRUプログラム ……1

BioWorld MedTech

医療機器製造国として台頭するコスタリカ ……3

Same-Day Surgery

手術時の悪性高熱症に注意 ……4

寄稿・コラム

メリー・コーベット/日本外国特派員協会所属ジャーナリスト

銅が持つ抗菌効果の可能性 ……7

内田 貴之/テルモ株式会社 コーポレートR&Dセンター

人生を変えたバイオデザインとの出会い ……8

医療機器関連ニュース

BioWorld MedTech ……9
JenaValve社のTAVI用デバイスJenaValveがブレークスルー指定に,メドトロニックの房室ブロック患者用リードレスペースメーカMicra AV,アボットがTMVI用デバイスTendyneのCEマークを取得,メドトロニック、ワイヤレス通信技術BlueSyncをICD、CRT-Dに搭載,IrisVision社、サムスンと提携で視覚支援用ヘッドセットを拡販,IOLと併用できるスターサージカル社のICLEVO/EVO+Visianシリーズ,Mojo社のAR機能付きスマートコンタクトレンズがブレークスルー指定に,MicroVention社、脳動脈瘤用フローダイバーターFREDの市販前承認取得,メドトロニック、脳信号を記録できるDBS装置Percept PCのCEマーク取得,アボット、PDおよび本態性振戦用DBSシステムInfinityの適応拡大,IceCure社、クライオアブレーションシステムの適応拡大,GT Medical社の脳腫瘍摘出後の小線源治療用インプラントGammaTile,Oviva社、糖尿病治療アプリOvivaの拡販に向けた資金調達に成功,Withings社のAFと睡眠時無呼吸を検知できるスマートウォッチScanWatch,PhotoniCare社のOCT機能付きデジタル耳鏡TOMi Scope,Virtual Incision社のSILS用のコンパクトな手術支援ロボットMIRA,Colospan社の結腸直腸切除術後の吻合部保護デバイスCG-100,TransEnterix社の手術支援ロボットSenhance用のマシンビジョンユニット,Cognita社の吸入器の使用をガイドするセンサーCapMedic,BioIntelliSense社が遠隔患者モニターBioStickerの市販前届を完了,Bionik社が腕の運動障害のリハビリシステムInMotionを韓国で発売,Orpyx社、足潰瘍予防用の遠隔モニタリングシステムOrpyx SIを発売,imedtac社が薬剤保管庫にサイバーリンク社の顔認識技術FaceMeを搭載,J&JがマイクロスコープCellvizioを開発するMauna Kea社に投資,Earlens社、補聴器Earlensの次世代版開発に向けVerily社と提携
Medical Marketing Analyst Reports ……19

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2020年

    1. 05月号 Vol.116NEW
    2. 04月号 Vol.115
    3. 03月号 Vol.114
    4. 02月号 Vol.113
    5. 01月号 Vol.112
  2. 2019年

    1. 12月号 Vol.111
    2. 11月号 Vol.110
    3. 10月号 Vol.109
    4. 09月号 Vol.108
    5. 08月号 Vol.107
    6. 07月号 Vol.106
    7. 06月号 Vol.105
    8. 05月号 Vol.104
    9. 04月号 Vol.103
    10. 03月号 Vol.102
    11. 02月号 Vol.101
    12. 01月号 Vol.100
  3. 2018年

    1. 12月号 Vol.99
    2. 11月号 Vol.98
    3. 10月号 Vol.97
    4. 09月号 Vol.96
    5. 08月号 Vol.95
    6. 07月号 Vol.94
    7. 06月号 Vol.93
    8. 05月号 Vol.92
    9. 04月号 Vol.91
    10. 03月号 Vol.90
    11. 02月号 Vol.89
    12. 01月号 Vol.88
  4. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 09月号 Vol.84
    5. 08月号 Vol.83
    6. 07月号 Vol.82
    7. 06月号 Vol.81
    8. 05月号 Vol.80
    9. 04月号 Vol.79
    10. 03月号 Vol.78
    11. 02月号 Vol.77
    12. 01月号 Vol.76
  5. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 09月号 Vol.72
    5. 08月号 Vol.71
    6. 07月号 Vol.70
    7. 06月号 Vol.69
    8. 05月号 Vol.68
    9. 04月号 Vol.67
    10. 03月号 Vol.66
    11. 02月号 Vol.65
    12. 01月号 Vol.64
  6. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 09月号 Vol.60
    5. 08月号 Vol.59
    6. 07月号 Vol.58
    7. 06月号 Vol.57
    8. 05月号 Vol.56
    9. 04月号 Vol.55
    10. 03月号 Vol.54
    11. 02月号 Vol.53
    12. 01月号 Vol.52
  7. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 09月号 Vol.48
    5. 08月号 Vol.47
    6. 07月号 Vol.46
    7. 06月号 Vol.45
    8. 05月号 Vol.44
    9. 04月号 Vol.43
    10. 03月号 Vol.42
    11. 02月号 Vol.41
    12. 01月号 Vol.40
  8. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 09月号 Vol.36
    5. 08月号 Vol.35
    6. 07月号 Vol.34
    7. 06月号 Vol.33
    8. 05月号 Vol.32
    9. 04月号 Vol.31
    10. 03月号 Vol.30
    11. 02月号 Vol.29
    12. 01月号 Vol.28
  9. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 09月号 Vol.24
    5. 08月号 Vol.23
    6. 07月号 Vol.22
    7. 06月号 Vol.21
    8. 05月号 Vol.20
    9. 04月号 Vol.19
    10. 03月号 Vol.18
    11. 02月号 Vol.17
    12. 01月号 Vol.16
  10. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 09月号 Vol.12
    5. 08月号 Vol.11
    6. 07月号 Vol.10
    7. 06月号 Vol.9
    8. 05月号 Vol.8
    9. 04月号 Vol.7
    10. 03月号 Vol.6
    11. 02月号 Vol.5
    12. 01月号 Vol.4