2019年 6月号 Vol.105 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

特集 海外医療情報

BioWorld MedTech

環境問題への関心が高まる医療業界 ……1

BioWorld MedTech

MITの胃内に1カ月留まるセンサー付きピルデバイス ……3

Hospital Employee Health

無益な治療が医療従事者の精神的負担に ……4

寄稿・コラム

メリー・コーベット/日本外国特派員協会所属ジャーナリスト

Amazonら巨大企業が起こす医療革命 ……6

木阪智彦/ひろしまバイオデザイン フェローシップ・ダイレクター

ひろしま発!インド流バイオデザイン ……7

医療機器関連ニュース

BioWorld MedTech……9
Treace社の外反母趾矯正システムLapiplasty、12歳以上が適応に,脊柱側弯症用のポータブル3D超音波画像診断デバイスScolioscan Air,ボストン、棘突起間スペーサーSuperionを開発するVertiflex社を買収,Bone Sci.社のドラッグデリバリー機能を持つ骨補填材PeptOss,メドトロニックが4極リードAttain Stabilityの市販前承認を取得,非侵襲的迷走神経刺激でPAFの発生を抑制,AliveCor社の6誘導のECG測定デバイスKardiaMobile 6L,メドトロニックのリードを胸骨下に留置するICDEV ICD,Pi-Cardia社のCAS用の弁拡張デバイスLeaflex Performer,TMVIによる合併症予防デバイスLAMPOON,IdaHealth社のPCI後のRAOを予防する血流モニターIdaFlo Tr,IBM社がニューヨーク大学と緑内障の診断ソフトを開発,Rapid社の脳動脈瘤コイル塞栓術の補助デバイスComaneci,Cala Health社の振戦患者の手の震えを治療するデバイスCala Trio,Predilife社が乳癌リスクを予測するソフトMammoRiskを欧米で発売,Beta社がホルモン製剤注入ポンプiLetに溶解不要のグルカゴン製剤を採用,メドトロニックのハイブリッド型人工膵臓システムMiniMed 670G,プラークを除去できるマイクロロボットCARsを米大学の研究者が開発,Aidoc社のCT画像の読影に優先順位をつけるソフトBriefCase,Kurin社の皮膚常在菌の混入を防ぐ血液培養検体採取デバイスKurin,Q3社がメドトロニックと胆・膵管用生体吸収性ステントの独占販売契約締結
Medical Marketing Analyst Reports……17

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2019年

    1. 11月号 Vol.110NEW
    2. 10月号 Vol.109
    3. 09月号 Vol.108
    4. 08月号 Vol.107
    5. 07月号 Vol.106
    6. 06月号 Vol.105
    7. 05月号 Vol.104
    8. 04月号 Vol.103
    9. 03月号 Vol.102
    10. 02月号 Vol.101
    11. 01月号 Vol.100
  2. 2018年

    1. 12月号 Vol.99
    2. 11月号 Vol.98
    3. 10月号 Vol.97
    4. 09月号 Vol.96
    5. 08月号 Vol.95
    6. 07月号 Vol.94
    7. 06月号 Vol.93
    8. 05月号 Vol.92
    9. 04月号 Vol.91
    10. 03月号 Vol.90
    11. 02月号 Vol.89
    12. 01月号 Vol.88
  3. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 09月号 Vol.84
    5. 08月号 Vol.83
    6. 07月号 Vol.82
    7. 06月号 Vol.81
    8. 05月号 Vol.80
    9. 04月号 Vol.79
    10. 03月号 Vol.78
    11. 02月号 Vol.77
    12. 01月号 Vol.76
  4. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 09月号 Vol.72
    5. 08月号 Vol.71
    6. 07月号 Vol.70
    7. 06月号 Vol.69
    8. 05月号 Vol.68
    9. 04月号 Vol.67
    10. 03月号 Vol.66
    11. 02月号 Vol.65
    12. 01月号 Vol.64
  5. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 09月号 Vol.60
    5. 08月号 Vol.59
    6. 07月号 Vol.58
    7. 06月号 Vol.57
    8. 05月号 Vol.56
    9. 04月号 Vol.55
    10. 03月号 Vol.54
    11. 02月号 Vol.53
    12. 01月号 Vol.52
  6. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 09月号 Vol.48
    5. 08月号 Vol.47
    6. 07月号 Vol.46
    7. 06月号 Vol.45
    8. 05月号 Vol.44
    9. 04月号 Vol.43
    10. 03月号 Vol.42
    11. 02月号 Vol.41
    12. 01月号 Vol.40
  7. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 09月号 Vol.36
    5. 08月号 Vol.35
    6. 07月号 Vol.34
    7. 06月号 Vol.33
    8. 05月号 Vol.32
    9. 04月号 Vol.31
    10. 03月号 Vol.30
    11. 02月号 Vol.29
    12. 01月号 Vol.28
  8. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 09月号 Vol.24
    5. 08月号 Vol.23
    6. 07月号 Vol.22
    7. 06月号 Vol.21
    8. 05月号 Vol.20
    9. 04月号 Vol.19
    10. 03月号 Vol.18
    11. 02月号 Vol.17
    12. 01月号 Vol.16
  9. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 09月号 Vol.12
    5. 08月号 Vol.11
    6. 07月号 Vol.10
    7. 06月号 Vol.9
    8. 05月号 Vol.8
    9. 04月号 Vol.7
    10. 03月号 Vol.6
    11. 02月号 Vol.5
    12. 01月号 Vol.4