採用情報

カワニシの人材育成

人材に対するスタンス
カワニシには、私たちが行うビジネスの社会的意義、組織のあり方や主体性、事業の成長・発展の拠り所を明らかにした「カワニシ社員憲章」があります。

カワニシ社員憲章とは

カワニシ社員憲章(四)組織メンバーのあり方とその成長

  • ・わが組織は基本的に、組織メンバーに対する育成義務を負うが、それはあくまで、メンバー自体に自発的かつ主体的な成長意志があることを前提とする。
  • ・私たちは、「成長の放棄」はすなわち「生きる資格の放棄」に等しい、との視点に立つ。
  • ・社員は原則として、自らの成長のために「舞台」を選ぶ権利をもつ。
    そして、組織は、これを提供する義務を負う。

この基本スタンスにもとづいて行われているさまざまな人材育成の場をご紹介します。

カワニシ・ビジネススクール(KBS)【初級編】 医療現場のスタッフとコミュニケーションをとる上で不可欠となる基本的な知識の習得、また、今後どういった分野について、自分たちでどのように勉強していったらよいのか、その入口を学びます。 詳しくはこちら
OJTリーダー制度 入社後は先輩社員と一緒に病院を訪問し、どんな情報が治療に役立つのか、ドクターや現場スタッフがどんな課題を抱えているのかをじっくりと勉強します。顧客サービスの基本スタンスを学ぶ大切な期間です。教える側の先輩社員は社内研修を受講し、後輩との向き合い方、指導の仕方などを学んでいます。
指導論文制度 若手社員が、先輩社員に指導を受けながら約1年間かけて論文を書き上げ、発表します。論文では、臨床現場や職場における問題を発見し、その解決方法を論理的に記述することが求められます。論文を書き、発表することで、論理的思考力やプレゼン力が身に付くのはもちろん、自分の営業活動を振り返ることができます。
トップが語るカワニシのDNA(全社ミーティング) カワニシグループでは年に2回、私たちを取り巻く環境変化、グループの戦略などを再確認する会社ミーティングが開催されます。その際、毎回欠かさずトップ自ら、カワニシの歴史を辿り、そして今後進むべき方向を社員に指し示すスピーチを行います。カワニシグループの遺伝子を知り、自分たちの存在意義を再確認する。この場が社員にとっては仕事の意欲を高める非常に大切な機会になっています。
『正々の旗・堂々の陣』 『正々の旗・堂々の陣』は、カワニシを取り巻く環境変化、今後のカワニシの戦略を、社内外の関係者に取材を重ね、1冊の書籍にまとめたものです。
年に1回、グループ全社員に手渡されるこの本を読めば、カワニシグループが今後どのような舵取りをしていくのか、社員一人ひとりに何が求められているのかがわかります。いわばカワニシグループのバイブルです。
年度MVP表彰 カワニシグループでは年度の部門目標に連動した賞与支給を行っていますが、さらに年度初めの全社キックオフの場で、年度MVPの表彰を行っています。
表彰対象となるのは営業部門・間接部門を問わず、「お客様に大きな満足を提供した」「新しく付加価値の高いサービスを提供した」「ウンザリ業務をこなした」「プロジェクト活動をしっかり行った」など様々です。豪華な副賞もあり、映画祭の受賞式のように熱気が満ちあふれます。
専門職制度 私たちは技術や知識・経験といった一般的な基準にとらわれることなく、「徹底した顧客志向でいい仕事をしている」「メンバーにいい影響を与えお手本となる」人たちを「専門職」に任命しています。
専門職が生き生きと働くことで、メンバーのよいお手本となり、顧客貢献を第一とする私たちのDNAをメンバーに植え付けていきます。このように組織の健全性を高めていくことで、社員一人ひとりの、そしてグループ全体の成長につながっています。
社内SNS 社内SNSを取り入れることで、地域・部門の枠を越えた意見交換が可能になります。従来は、営業現場でわからないことがあれば同じ部署の先輩や上司に直接尋ねたり、電話で質問したりすることが一般的でした。現在では社内SNSのおかげで、日本全国のカワニシグループ社員から即座に多様なアドバイスをもらうことができます。
異動希望調査 入社後キャリアを形成する中で、「自分の経験や特性を生かしてこんな部署で働いてみたい」、「家庭の事情で実家の近くに戻る必要が出てきた」など、社員一人ひとりにさまざまな希望が出てきます。そのようなときに、年に一度の「異動希望調査」を利用して、自分の異動したいエリアや部署を会社に申請することができます。この申請により、会社側は従業員一人ひとりの希望を知り、従業員の能力が十分に発揮される人員配置に役立てています。
社内公募制度 社内公募制度を導入しており、希望する部署で求人があれば、書類審査や面接等の選考に合格することで異動が実現します。「新しい仕事に挑戦したい」「経験を積みスキルアップしたい」という社員の成長願望にこたえ、チャレンジングな組織風土の醸成を図ると同時に、強化すべき部門へ機動的に人材を配置し企業の競争力を向上させることをめざしています。
e-learning 法令、社内ルール、一般教養、パソコンスキルなどを効率よく学ぶために、自身の都合のよい時間に受講できるe-learningシステムを取り入れています。動画や確認テストも活用しながら、効率よく効果的に学習できる環境を整えています。
メーカー勉強会、各種学会参加 メーカーの新商品発売時には、社内で勉強会が開催されます。また、各地で行われる学会に参加し、病気や治療方法などの最新情報を仕入れたり、メーカー展示ブースを訪問し最先端の技術を学んだりします。
カワニシ・ビジネススクール(KBS)【中級編】 初級管理職を対象に、その時々の経営テーマに沿ってカリキュラムを編成し開催しています。カワニシグループのマネジメント道場として、グループの歴史や文化を深く学び、PDCAや部下との向き合い方、会計の知識、労務管理など、管理職として必要なノウハウの習得を目的としています。講義によっては外部講師をお招きしており、幅広い見識やスキルを身につけることができます。
※グループ企業で順次導入を進めています。
採用に関するお問い合わせは、株式会社カワニシホールディングスまで

〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1-1-3 日本生命岡山第二ビル8階
フリーダイヤル:0120-338-775(土・日・祝日除く) / 経営企画室:桐野