2019年 4月号 Vol.103 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

特集 海外医療情報

BioWorld MedTech

Amazon、医療用AI 市場へ参入 ……1

BioWorld MedTech

3Dプリンターでインドの医療機器業界を
盛り上げるthink3D社 ……3

Same-Day Surgery

フラッシュ滅菌は最低限に!……4

Healthcare Risk Management

看護師不足と最新技術が
賠償責任リスクをもたらす?……6

寄稿・コラム

メリー・コーベット/日本外国特派員協会所属ジャーナリスト

片付け下手の裏に潜む精神疾患 ……7

岡田 萌/帝人ファーマ株式会社 在宅医療企画技術部門

「イノベーターたるもの笑顔」を胸に ……8

医療機器関連ニュース

BioWorld MedTech……9
医薬品メーカーPacira社が疼痛緩和用デバイスのMyoscience社を買収,DJO社のTHA用の下肢およびレトラクターホルダーADAPTABLE,ストライカー、回旋筋腱板損傷用デバイスを開発するOrthoSpace社を買収,Emovi社の膝の機能障害評価システムKneeKG,SpineEX社が拡張式の椎体間ケージSagittaeの市販前届を完了,ジンマー、脊椎手術用手術支援ロボットROSAONE Spineの市販前届完了,MiRus社のMoRe合⾦製のペディクルスクリューシステムEUROPA,シロリムスを徐放する DCBMA社のSELUTIONがFDAの迅速承認に指定,Sonavex社の血管吻合部のモニタリングシステムEchoSure,エドワーズが企業買収で構造的心疾患製品を強化,BD、腸骨大腿静脈閉塞用ステントVENOVOの市販前承認を取得,ボストンの次世代LAA 閉鎖デバイスWATCHMAN FLX,ロチェスター工科大学の研究者がうっ血性心不全を検出できる便座を開発,カーディオフォーカス社のAF用アブレーションシステムHeartLight X3,Robocath社、PCI用手術支援ロボットR-OneのCEマークを取得,アルコン、遠近両用 IOLFluidVisionを開発するPowerVision社を買収,Implandata社の次世代植込み型眼圧センサーEYEMATE-IO 1.1,J&J、眼のアレルギー症状を緩和するコンタクトレンズを開発中,GBM治療システムオプチューンの適応拡大をめざすノボキュア社,Rani社の注射薬を経口投与できるカプセル型デバイスRaniPill,内視鏡と組み合わせるETT社の肥満手術用縫合システムEndomina,HemoSonics社、POCの血液凝固検査装置Quantraの de novo承認を取得,ClaroNav社が歯科インプラント用ナビNavidentを拡販,ヒルロム社がVoalte社を買収しコミュニケーションツールを拡充,S&N、皮膚や骨などの移植片を開発するOsiris社を買収
Medical Marketing Analyst Reports……18

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2019年

    1. 07月号 Vol.106NEW
    2. 06月号 Vol.105
    3. 05月号 Vol.104
    4. 04月号 Vol.103
    5. 03月号 Vol.102
    6. 02月号 Vol.101
    7. 01月号 Vol.100
  2. 2018年

    1. 12月号 Vol.99
    2. 11月号 Vol.98
    3. 10月号 Vol.97
    4. 09月号 Vol.96
    5. 08月号 Vol.95
    6. 07月号 Vol.94
    7. 06月号 Vol.93
    8. 05月号 Vol.92
    9. 04月号 Vol.91
    10. 03月号 Vol.90
    11. 02月号 Vol.89
    12. 01月号 Vol.88
  3. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 09月号 Vol.84
    5. 08月号 Vol.83
    6. 07月号 Vol.82
    7. 06月号 Vol.81
    8. 05月号 Vol.80
    9. 04月号 Vol.79
    10. 03月号 Vol.78
    11. 02月号 Vol.77
    12. 01月号 Vol.76
  4. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 09月号 Vol.72
    5. 08月号 Vol.71
    6. 07月号 Vol.70
    7. 06月号 Vol.69
    8. 05月号 Vol.68
    9. 04月号 Vol.67
    10. 03月号 Vol.66
    11. 02月号 Vol.65
    12. 01月号 Vol.64
  5. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 09月号 Vol.60
    5. 08月号 Vol.59
    6. 07月号 Vol.58
    7. 06月号 Vol.57
    8. 05月号 Vol.56
    9. 04月号 Vol.55
    10. 03月号 Vol.54
    11. 02月号 Vol.53
    12. 01月号 Vol.52
  6. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 09月号 Vol.48
    5. 08月号 Vol.47
    6. 07月号 Vol.46
    7. 06月号 Vol.45
    8. 05月号 Vol.44
    9. 04月号 Vol.43
    10. 03月号 Vol.42
    11. 02月号 Vol.41
    12. 01月号 Vol.40
  7. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 09月号 Vol.36
    5. 08月号 Vol.35
    6. 07月号 Vol.34
    7. 06月号 Vol.33
    8. 05月号 Vol.32
    9. 04月号 Vol.31
    10. 03月号 Vol.30
    11. 02月号 Vol.29
    12. 01月号 Vol.28
  8. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 09月号 Vol.24
    5. 08月号 Vol.23
    6. 07月号 Vol.22
    7. 06月号 Vol.21
    8. 05月号 Vol.20
    9. 04月号 Vol.19
    10. 03月号 Vol.18
    11. 02月号 Vol.17
    12. 01月号 Vol.16
  9. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 09月号 Vol.12
    5. 08月号 Vol.11
    6. 07月号 Vol.10
    7. 06月号 Vol.9
    8. 05月号 Vol.8
    9. 04月号 Vol.7
    10. 03月号 Vol.6
    11. 02月号 Vol.5
    12. 01月号 Vol.4