2019年 3月号 Vol.102 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

特集1 海外医療情報

BioWorld MedTech

ベビーブームが後押しする
中国の新生児用デバイス開発 ……1

Hospital Employee Health

サージカルスモーク対策が本格化 ……2

Hospital Case Management

患者中心の医療の台頭で注目される
動機付け面接 ……4

寄稿・コラム

メリー・コーベット/日本外国特派員協会所属ジャーナリスト

目に映し出される疾患の兆候 ……7

高井 平/カワニシホールディングス・チーフアナリスト

QOLを損なわないBPH用インプラント ……8

医療機器関連ニュース

BioWorld MedTech……9
Paragon 28社のハンマートゥ矯正用腱固定デバイスTenoTac,ニューベイシブ社の骨延長システムPRECICE、骨欠損も適応に,Myoscience社の膝の疼痛緩和用の凍結療法デバイスiovera°,PrediSurge社のEVARのシミュレーション用ソフトウェア,上海交通大学の研究者が自己発電式ペースメーカを開発中,GT Medical社の脳腫瘍摘出後の小線源治療用インプラントGammaTile,メドトロニック、脳動脈瘤用フローダイバーターPipeline Flexの適応拡大,Axilum社、TMS治療支援ロボットTMS-Cobot TS MVの市販前届を完了,iQ社の唾液のグルコースを測定するセンサーSaliva Glucose Biosensor,MITとノボノルディスク社、経口インスリン製剤を開発中,Tandem社のインスリンポンプt:slim X2がFDAの新区分に!アボットとノボノルディスク社が糖尿病管理で提携,SterileCare社のカテーテルロック用溶液KiteLock,エドワーズが脳組織酸素飽和度モニターを開発するCASMED社を買収,アダチ、PhotoniCare社のデジタル耳鏡TOMi Scopeを日本で販売,インテュイティブ社のロボット支援経気管支肺生検用システムIon,J&Jがロボット支援軟性気管支鏡システムを開発するAuris社を買収,ストライカー、慢性鼻炎治療デバイスを開発するArrinex社を買収,ボストンが2018年の業績を発表,GEがバイオ医薬事業をダナハー社に売却
Medical Marketing Analyst Reports……17

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2019年

    1. 05月号 Vol.104NEW
    2. 04月号 Vol.103
    3. 03月号 Vol.102
    4. 02月号 Vol.101
    5. 01月号 Vol.100
  2. 2018年

    1. 12月号 Vol.99
    2. 11月号 Vol.98
    3. 10月号 Vol.97
    4. 09月号 Vol.96
    5. 08月号 Vol.95
    6. 07月号 Vol.94
    7. 06月号 Vol.93
    8. 05月号 Vol.92
    9. 04月号 Vol.91
    10. 03月号 Vol.90
    11. 02月号 Vol.89
    12. 01月号 Vol.88
  3. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 09月号 Vol.84
    5. 08月号 Vol.83
    6. 07月号 Vol.82
    7. 06月号 Vol.81
    8. 05月号 Vol.80
    9. 04月号 Vol.79
    10. 03月号 Vol.78
    11. 02月号 Vol.77
    12. 01月号 Vol.76
  4. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 09月号 Vol.72
    5. 08月号 Vol.71
    6. 07月号 Vol.70
    7. 06月号 Vol.69
    8. 05月号 Vol.68
    9. 04月号 Vol.67
    10. 03月号 Vol.66
    11. 02月号 Vol.65
    12. 01月号 Vol.64
  5. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 09月号 Vol.60
    5. 08月号 Vol.59
    6. 07月号 Vol.58
    7. 06月号 Vol.57
    8. 05月号 Vol.56
    9. 04月号 Vol.55
    10. 03月号 Vol.54
    11. 02月号 Vol.53
    12. 01月号 Vol.52
  6. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 09月号 Vol.48
    5. 08月号 Vol.47
    6. 07月号 Vol.46
    7. 06月号 Vol.45
    8. 05月号 Vol.44
    9. 04月号 Vol.43
    10. 03月号 Vol.42
    11. 02月号 Vol.41
    12. 01月号 Vol.40
  7. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 09月号 Vol.36
    5. 08月号 Vol.35
    6. 07月号 Vol.34
    7. 06月号 Vol.33
    8. 05月号 Vol.32
    9. 04月号 Vol.31
    10. 03月号 Vol.30
    11. 02月号 Vol.29
    12. 01月号 Vol.28
  8. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 09月号 Vol.24
    5. 08月号 Vol.23
    6. 07月号 Vol.22
    7. 06月号 Vol.21
    8. 05月号 Vol.20
    9. 04月号 Vol.19
    10. 03月号 Vol.18
    11. 02月号 Vol.17
    12. 01月号 Vol.16
  9. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 09月号 Vol.12
    5. 08月号 Vol.11
    6. 07月号 Vol.10
    7. 06月号 Vol.9
    8. 05月号 Vol.8
    9. 04月号 Vol.7
    10. 03月号 Vol.6
    11. 02月号 Vol.5
    12. 01月号 Vol.4