2018年 5月号 Vol.92 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

BioWorld MedTech

米大手薬局チェーンのCVS社が在宅透析市場に参入 ……1

BioWorld MedTech

AIを利用したセキュリティシステムを開発する
Protenus社 ……3

Same-Day Surgery

世代で異なる医療スタッフのニーズ ……4

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

今、病院経営者に求められる能力 ……6

高井 平/株式会社カワニシホールディングス 取締役副会長・チーフアナリスト

僧帽弁閉鎖不全のカテーテル治療が本格化 ……7
BioWorld MedTech ……9
キアゲン、自然早産リスクを評価する検査キットPartoSureを米国で発売,Pythagoras社の腎交感神経を検知できるRDNシステムConfidenHT,メドトロニックがRDNデバイスSymplicitySpyralの臨床試験を開始,ボストンが食道温モニターIRTSを開発するSecurus社を買収,Kardium社の心臓マッピング&アブレーションシステムThe Globe,アビオメッドの血行動態を確認できるLVADImpellaCP with SmartAssist,Miravas社の2 in 1の静脈瘤治療用アブレーション装置Hybrid VBOX,IDx社、糖尿病網膜症のAI自動診断ソフトIDx-DRのde novo承認を取得,アラガンがドライアイ治療用の神経刺激デバイスTrueTearを発売,アルコンの装填済みのMIGS用マイクロステントシステムCyPass Ultra,香港理工大学、小児の近視の進行を抑えるメガネレンズを開発,RefleXion社のPETガイド下のSRTシステムRefleXion,ボストンが卵管の細胞採取デバイスMako 7を開発するnVision社を買収,英国の研究者が非侵襲のシート型血糖測定装置を開発,GlucoMe社が血糖値管理システムGlucoMeを中米で発売,Domain社の血管シーラーFMsealerLaparoscopic Shears,Novosanis社が初尿採取デバイスColli-PeeのCEマークを取得,Synaptive社が自動追従する手術用顕微鏡システムModus Vを発売,ストライカーがFESS用のナビゲーションシステムTGSを発売,Cantel社の自動内視鏡洗浄消毒装置ADVANTAGEPLUS Pass-Thru AER,Cybersonics社の尿路結石破砕装置2機種をオリンパスが獲得,米の対中追加関税、米ヘルスケア業界に与える悪影響
Medical Marketing Analyst Reports ……17

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2018年

    1. 11月号 Vol.98 NEW
    2. 10月号 Vol.97
    3. 9月号 Vol.96
    4. 8月号 Vol.95
    5. 7月号 Vol.94
    6. 6月号 Vol.93
    7. 5月号 Vol.92
    8. 4月号 Vol.91
    9. 3月号 Vol.90
    10. 2月号 Vol.89
    11. 1月号 Vol.88
  2. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  3. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  4. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  5. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  6. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  7. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  8. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4