2018年 3月号 Vol.90 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

BioWorld MedTech

外科医が投資する
単孔式腹腔鏡下手術用の支援ロボット ……1

Hospital Employee Health

増える看護師の燃え尽き症候群 ……3

Hospital Employee Health

コードブルー対応時の医療従事者の負傷 ……5

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

「臨床検査」 新時代! ……7

高井 平/株式会社カワニシホールディングス 取締役副会長・チーフアナリスト

膠芽腫治療に新たな光 ……8
BioWorld MedTech ……9
Kephalios社の再形成可能な僧帽弁用の人工弁輪Kalios,Lexington社の心血管疾患の早期発見デバイスHeartSentry,Stentys社が同業のMinvasys社を買収し、ラインアップを拡充,Admedus社が心臓組織再生パッチCardioCelをインドで発売,エドワーズが自己拡張型TAVI用デバイスCENTERAの CEマークを取得,穿刺部止血デバイスを開発するCardiva社が資金調達に成功,REVA社が冠動脈用のBRSFantom EncoreのCEマークを取得,アボットがSurModics社のSFA用DCBSurVeilの独占販売権を獲得,米国初承認なるか?IDx社の糖尿病性網膜症のAI自動診断ソフトIDx-DR,片頭痛の治療と予防が行えるeNeura社のTMS装置sTMS mini,Banyan社の軽度のTBIを評価する血液検査キットBanyan BTI,エレクタがAIによる癌治療支援システムを利用するためIBMと提携,Profound社の前立腺癌用超音波アブレーション装置TULSA-PRO,Endomag社の乳癌手術用の磁気マーカーMagseed,Cam Med社がJDRFの支援を受けて開発中のパッチ型インスリンポンプ,アボットがCGMFreeStyleリブレのスマートフォンアプリを公開,インペリアル大、低血糖管理に注目した血糖測定器の比較調査,メドトロニックのCGMGuardian Sensor 3が上腕部への装着が可能に,遠隔診療システムを開発するTyto Care社,スターキー社の充電式ワイヤレス補聴器Muse iQ Rechargeable,カーディナルヘルス、中国の医薬品事業を売却,アラガンが組織修復用製剤を開発するElastagen社を買収,BDがAttivo社と提携し、医療機器のサイバーセキュリティを強化
Medical Marketing Analyst Reports ……17

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2018年

    1. 11月号 Vol.98 NEW
    2. 10月号 Vol.97
    3. 9月号 Vol.96
    4. 8月号 Vol.95
    5. 7月号 Vol.94
    6. 6月号 Vol.93
    7. 5月号 Vol.92
    8. 4月号 Vol.91
    9. 3月号 Vol.90
    10. 2月号 Vol.89
    11. 1月号 Vol.88
  2. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  3. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  4. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  5. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  6. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  7. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  8. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4