2018年 2月号 Vol.89 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

BioWorld MedTech

メーカー各社が注力する
医療従事者向けトレーニング施設 ……1

BioWorld MedTech

インドが冠動脈ステントの上限価格を見直しか? ……3

Hospital Employee Health

擦式アルコール製剤は妊娠中のスタッフにも安全 ……4

Case Management Advisor

迷える患者の水先案内人ナースナビゲーター ……5

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

最新科学がもたらす美と健康 ……7

八木 雅和/ジャパン・バイオデザイン プログラム・ダイレクター

イノベーションエコシステムの構築に向けて ……8
BioWorld MedTech ……9
ジンマーのステムレスの人工肩関節Sidus,ニューベイシブ社のポーラス構造を持つPEEK製椎体間ケージ,Orthoxel社の脛骨骨折用の髄内釘システムApex Tibial Nailing System,Micell社が生体吸収性ポリマーを使用したDESMiStentの試験結果を発表,Endotronix社が植込み型肺動脈圧モニターCordellaの臨床試験を開始,ボストン、Millipede社の買収に向け9,000万ドルを投資,AAA用ステントグラフトEndurantの適応拡大を狙うメドトロニック,メドトロニックの腸骨大腿静脈閉塞用の自己拡張式ステントAbre,Sight Sciences社の2 in 1のMIGS用手術器具OMNI System,ノバルティス、アルコンのスピンオフまたはIPOを検討,ボストンがSCS装置Spectra WaveWriterの市販前承認を取得,メドトロニックがAIS用の血栓除去デバイスRiptideの市販前届を完了,electroCore社の非侵襲のVNS装置gammaCoreが片頭痛用として承認,肺癌の早期診断検査キット開発をめざし、MiRXES社がJ&J傘下の2社と提携,米国の研究者が負担の軽いバレット食道検出システムを開発中,Cellnovo社が次世代版のパッチ型インスリンポンプのCEマーク取得,Dynamic Brain Lab 社の非侵襲の血糖測定器GlucoScanner,韓 UNISTが開発中の血糖モニタリング用スマートコンタクトレンズ,SANUWAVE社が創傷治療装置dermaPACEの de novo承認を取得,Mira社がOTCの月経周期モニターMira Fertilityを発売,Pulmonx社、肺気腫用気管支バルブZephyrの市販前承認を申請,Trexo 社の小児向けリハビリ支援用歩行アシスト装置TrexoPlus,Medrobotics社のロボット内視鏡システムFlexが適応拡大,Calcivis社のう歯の早期検出システムCALCIVIS imaging system,Foundation社が製品開発促進をめざしファイザーと提携,アジア市場に注力するバリアン
Medical Marketing Analyst Reports ……19

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2018年

    1. 6月号 Vol.93 NEW
    2. 5月号 Vol.92
    3. 4月号 Vol.91
    4. 3月号 Vol.90
    5. 2月号 Vol.89
    6. 1月号 Vol.88
  2. 2017年

    1. 12月号 Vol.87
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  3. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  4. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  5. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  6. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  7. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  8. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4