2017年10月号 Vol.85 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

BioWorld MedTech

単独使用可能を武器に生き残りをかけるグラウコス社……1

Medical Device Daily

中国で遠隔医療がブームの兆し……3

Healthcare Risk Management

電子カルテ特有の仕様が招く医療過誤……4

Hospital Employee Health

珍しい臓器移植患者からのHAV感染……5

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

シンバイオティクス療法の可能性……7

高井 平/株式会社カワニシホールディングス 取締役副会長・チーフアナリスト

脊椎の人工関節「人工椎間板」……8
BioWorld MedTech……9
Xtant社がALIF用椎体間ケージIrix-Aのラインアップを拡大/ストライカーの頸椎用椎体間ケージTritanium C/ジンマー バイオメットのUKA用人工膝関節Persona Partial Knee/Bioventus社が骨折治療用LIPUS装置EXOGENの効果検証試験を開始/Protembis社のTAVI用脳保護デバイスProtEmbo/リヴァノヴァがCRM部門の売却を検討/CoreMedic社のMR治療用の人工腱索ChordArt/アビオメッド社、RVADImpella RPの市販前承認を取得/ゴア社のASD閉鎖デバイスGORE CARDIOFORMシリーズ最新情報/A4L社のAIを利用した非侵襲のCAD診断用デバイスCorVista/テレフレックス、BPH用インプラントを販売するNeoTract社を買収/Klick Health社のPDの手の震えを疑似体験できるデバイスSymPulse/J&Jが脳卒中治療に特化した脳神経外科事業部CERENOVUSを新設/メドトロニックがサムスンと共同開発したSCS装置Intellisを発売/CVR社の頸動脈狭窄症と虚血性脳卒中リスクの評価デバイスCSS/Light Vision社のAMD用スマートグラスVIDI/GEヘルスケア、患者によるマンモグラフィの自己圧迫機能の市販前届完了/Nativis社のGBM治療デバイスVoyager/Koelis社が前立腺生検装置TRINITYに経会陰生検用プローブを追加/SPR社の疼痛治療用の低侵襲な神経刺激装置SPRINT PNS System/Dexcom社、CGMDexcom G5用のAPIを一般公開/CMR社のコンパクトな手術支援ロボットVersius/ClaroNav社がENT用ナビゲーションシステムNaviENTの市販前届完了/CooperSurgical社がテバ製薬のIUDPARAGARDを獲得
Medical Marketing Analyst Reports……19

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2017年

    1. 12月号 Vol.87 NEW
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  2. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  3. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  4. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  5. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  6. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  7. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4