2017年 9月号 Vol.84 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

BioWorld MedTech

ウエアラブル時代の歩行アシスト装置……1

Medical Device Daily

健康データの共有システム構築に取り組むマレーシア……3

Same-Day Surgery

医療機関での携帯電話の使用がもたらす危険性……4

Hospital Employee Health

テキサス大学システム、
医師の燃え尽き症候群の克服に本腰……6

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

Tricorder XPRIZEの優勝者が決定!……8
BioWorld MedTech……9
2PG社のバイオマーカーを迅速検出するハンドヘルド型デバイス/MIMOSA社の糖尿病性潰瘍の早期検出デバイスMIMOSA/Renovis社のチタン製椎体間ケージTesera/メドトロニックが脊椎用の手術支援ロボットMazor Xの独占販売権を獲得/QT Vascular社がDCB Chocolate Touchの臨床試験を米国で開始/ボストン、Reva社のBRSの独占販売を終了/メドトロニック、SAVR用生体弁Avalusの市販前承認とCEマーク取得/Vascular社の薬剤抵抗性高血圧治療用ステントMobiusHD/RDN用デバイスSymplicity Spyralの試験結果が公開!/VentureMed社のPAD用スコアリングカテーテルFLEX/メドトロニックがDESのDAPT期間を1カ月に短縮する臨床試験を開始/Malin社、末梢血管塞栓プラグEMBA Hourglassの市販前届を完了/アボットがLVADHeartMate 3の市販前承認を取得/Optovue社、OCT装置iVue用の前眼部測定ソフトの市販前届を完了/NeuroVision社の網膜イメージングによるADの早期診断装置/Second Sight社の大脳皮質刺激型人工眼システムOrion/Cerebrotech社の重症脳卒中を検出するCMS-5000/細径鉗子が使えるTransEnterix社の手術支援ロボットSenhance/Laminate社の端側吻合の自己血管内シャント補強デバイスVasQ/Pulsus Medical社、血液透析患者のシャントPTA 用DCBを開発中/C.R.バードのDCBLutonix 035、自己血管内シャント用として適応拡大/Cellnovo社のパッチ型インスリンポンプCellnovo System/Defymed社のインスリンの腹腔内投与デバイスExOlin/Japet社のウエアラブルの腰痛緩和およびリハビリ支援装置Atlas/Bionik社の歩行アシスト装置ARKE、音声操作が可能に!/Creo社が2in1のESD用デバイスSpeedboat RS2の市販前届完了/SetPoint社がRAを治療するバイオ電子薬の臨床試験を開始/フレゼニウスが在宅用透析装置を開発するNxStage社を買収
Medical Marketing Analyst Reports……19

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2017年

    1. 12月号 Vol.87 NEW
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  2. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  3. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  4. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  5. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  6. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  7. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4