2015年11月号 Vol.62 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

Medical Device Daily

施設透析の品質を在宅透析で―Quanta 社の挑戦……1

Healthcare Risk Management

ネバーイベントを引き起こす複数の人的要因……3

Hospital Employee Health

ノロウイルスに空気感染の可能性あり……5

Healthcare Risk Management

先進国で蔓延する「週末効果」……6

Same-Day-Surgery

外科医の認定資格を考える……7

クローズアップ アジア

アジアニュース……8

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

古きに学ぶ次世代医療……9

デバイス最前線

ウエアラブルデバイスが切り開く未来(2)……10
Medical Device Daily……11
Blaze社が赤血球の損傷リスクを評価する装置Fragilimeterを開発中/北米脊椎学会(NASS)情報〜椎体間ケージ/S&N、Blue Belt社買収で整形外科の手術支援ロボット市場に参入/エイトリキュア社がクライオプローブcryoFORMを発売/ボストンがDES SYNERGYの市販前承認を取得/セント・ジュードがLVAD HeartMate 3のCEマークを取得/バイオトロニックが開発するマグネシウム製BVS DREAMS/TAVI用デバイスのVIV使用は結果良好/メドトロニックがICD Visia AFのCEマークを取得/Precision社の前立腺癌用生検システムClariCore/Uptake社のアブレーションシステムInterVapor/術中に癌組織の残存を確認できる画像システムLightPath/Sequana社の癌性腹水を排出する植込型ポンプalfapump/MIGS用デバイスを開発するInnFocus社が資金調達に成功/慈恵大学らの研究チーム腎臓再生に向け一歩前進/Cellnovo社のパッチ型インスリンポンプシステムCellnovo System/ケアストリームヘルスが超音波診断装置Touch Primeを欧州で発売/インテュイティブ社ダビンチの症例増加で業績好調/クリーブランド・クリニックが送り出すスピンオフ企業/陽子線治療システムじわり市場拡大/ファイザーとアラガンが合併を検討
Medical Marketing Analyst Reports……19

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2017年

    1. 12月号 Vol.87 NEW
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  2. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  3. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  4. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  5. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  6. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  7. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4