2011年 6月号 Vol.9 目次掲載

表紙

PDFをダウンロードするには左メニューから
ログインまたは新規登録を行って下さい。

Biomedical Business & Technology

セント・ジュードを創設したアントレプレナーが語る、
ベンチャー設立への尽きない情熱……1
Kips Bay Medical 社会長兼CEO Manny Villafana 氏インタビュー

Biomedical Business & Technology

女性のヘルスケア 経皮ドラッグデリバリーの大きな可能性……4
Agile Therapeutics 社CEO Al Altomari 氏インタビュー

メリー・コーベット/本誌 アドバイザリー・スタッフ

脂肪吸引でもリバウンドが発生!?……7
たとえ事実でも需要には影響なし

Hospital Peer Review

あなたの組織は成熟していますか?……8
組織診断から品質改善に着手する

The Academia Highlight[9]

“移植技術”のゆくえ……9
byうのめ・たかのめ
Medical Device Daily……10
Quest Diagnostics社が2種類の分子診断キットのCEマークを取得/大腸癌の血液検査に新技術/FDAを敬遠?新技術の製品がアメリカ・パッシング!/2椎間レベルの脊椎変性の治療は、固定術よりも人工椎間板置換術が優位/ステッカー型の心臓モニタで不整脈検査を大幅に改善/Euro PCR 2011が開幕!バイオトロニックは第3世代ステントを発表/左心耳閉鎖デバイスは、ボストン=Atritech社のWatchmanが大きくリード/CardioFocus社の視覚誘導レーザーバルーンは良好な成果/PROMUS Elementエベロリムス溶出型冠動脈ステントの有用性を確認/ブラウン大学が開発細胞再生成を促すナノパッチ/スターサージカル社が2.2mmの孔から挿入できる眼内レンズのCEマークを取得/てんかん発作のためのVNS治療装置AspireSRが使用された/Catheter Connections社が感染予防の新しいコネクターキャップを発売/バレット食道治療に関心が集まる/自分の皮膚を30分で培養しスプレーできる火傷治療キット/肢切断者の新たな希望?思考を読んで動く、手術不要のAMO人工義腕/メドトロニックの利益19パーセント減/ストライカーがオーソビタ社を買収へ、整形分野の再編が激化か!/ライフサイエンス企業のM&A傾向/整形外科と神経刺激の領域は発展の余地大!
Kawanishi Hotline……18

会員ログイン

購読登録はこちらから

バックナンバー

  1. 2017年

    1. 12月号 Vol.87 NEW
    2. 11月号 Vol.86
    3. 10月号 Vol.85
    4. 9月号 Vol.84
    5. 8月号 Vol.83
    6. 7月号 Vol.82
    7. 6月号 Vol.81
    8. 5月号 Vol.80
    9. 4月号 Vol.79
    10. 3月号 Vol.78
    11. 2月号 Vol.77
    12. 1月号 Vol.76
  2. 2016年

    1. 12月号 Vol.75
    2. 11月号 Vol.74
    3. 10月号 Vol.73
    4. 9月号 Vol.72
    5. 8月号 Vol.71
    6. 7月号 Vol.70
    7. 6月号 Vol.69
    8. 5月号 Vol.68
    9. 4月号 Vol.67
    10. 3月号 Vol.66
    11. 2月号 Vol.65
    12. 1月号 Vol.64
  3. 2015年

    1. 12月号 Vol.63
    2. 11月号 Vol.62
    3. 10月号 Vol.61
    4. 9月号 Vol.60
    5. 8月号 Vol.59
    6. 7月号 Vol.58
    7. 6月号 Vol.57
    8. 5月号 Vol.56
    9. 4月号 Vol.55
    10. 3月号 Vol.54
    11. 2月号 Vol.53
    12. 1月号 Vol.52
  4. 2014年

    1. 12月号 Vol.51
    2. 11月号 Vol.50
    3. 10月号 Vol.49
    4. 9月号 Vol.48
    5. 8月号 Vol.47
    6. 7月号 Vol.46
    7. 6月号 Vol.45
    8. 5月号 Vol.44
    9. 4月号 Vol.43
    10. 3月号 Vol.42
    11. 2月号 Vol.41
    12. 1月号 Vol.40
  5. 2013年

    1. 12月号 Vol.39
    2. 11月号 Vol.38
    3. 10月号 Vol.37
    4. 9月号 Vol.36
    5. 8月号 Vol.35
    6. 7月号 Vol.34
    7. 6月号 Vol.33
    8. 5月号 Vol.32
    9. 4月号 Vol.31
    10. 3月号 Vol.30
    11. 2月号 Vol.29
    12. 1月号 Vol.28
  6. 2012年

    1. 12月号 Vol.27
    2. 11月号 Vol.26
    3. 10月号 Vol.25
    4. 9月号 Vol.24
    5. 8月号 Vol.23
    6. 7月号 Vol.22
    7. 6月号 Vol.21
    8. 5月号 Vol.20
    9. 4月号 Vol.19
    10. 3月号 Vol.18
    11. 2月号 Vol.17
    12. 1月号 Vol.16
  7. 2011年

    1. 12月号 Vol.15
    2. 11月号 Vol.14
    3. 10月号 Vol.13
    4. 9月号 Vol.12
    5. 8月号 Vol.11
    6. 7月号 Vol.10
    7. 6月号 Vol.9
    8. 5月号 Vol.8
    9. 4月号 Vol.7
    10. 3月号 Vol.6
    11. 2月号 Vol.5
    12. 1月号 Vol.4