IR情報

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社は経営の透明性、効率性、健全性を確保し、外部からの監査、あるいは提言を積極的に受入れ、そのためのシステムも整えてきました。
引き続き株主の皆様の期待に沿うべく、グループ会社群の中心に位置する持株会社として人材、教育、資金、技術、システムなどのインフラを各グループ会社に提供し、(1)法令遵守、(2)社会的支持の獲得、(3)経営の効率化と収益力の向上、(4)グループとしての総合力の発揮に努めていきます。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

取締役会は取締役9名で構成されており、このうち2名が社外取締役です。社外取締役には、関連会社、主要な取引先の出身者等でなく当社の事業環境に識見を持つ方であり、独立した立場から取締役会に出席するほか、主に経営監督、コーポレートガバナンス並びにコンプライアンスの見地から意見を述べるなど、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための助言・提言・意見の表明をいただいています。また、社外取締役2名を独立役員として指定しています。
なお、取締役の経営責任を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応するための経営体制を構築することを目的に、取締役の任期を1年としています。
監査役会は、監査役3名で構成され、このうち2名が社外監査役です。また、社外監査役のうち1名を独立役員として指定しています。

コーポレート・ガバナンス体制図

▲ページトップへ