事業案内

営業のご案内

  • 病院・医院全科における医療消耗材料・機器を中心とした商品販売
  • 院内物流管理システムの販売及び物品の供給管理業務の受託
  • 病・医院経営のコンサルティング

物品供給・管理(SPD)

病院経営の合理化を強力にサポート
SPDとは情報技術を活用して、医療材料を効率的に提供するサービスの総称で、いわば医療版の「POSシステム&看板方式」です。情報技術を活かすことで病院の在庫を適正量でコントロールでき、有効期限管理が徹底できるほか、請求漏れを防ぐことも可能です。「物品の供給管理」「院内運営型システムの提供」「院内業務の委託」「マスタメンテナンス」「導入コンサルティング」といった様々な要望にお応えしており、近年要望の高い原価管理システム等の経営システムとの連携支援も行っています。病院経営の改善や効率化の手段として、大〜中規模病院での導入が急速に進んでいるサービスです。

病院の現状に合わせたSPDを提供します

SPDを利用した物品・物流管理の運用形態には幾つかの分類方法があります。運営方法としては、「病院職員による運営」と「外部委託」に大別されます。運用方法としては、「院内倉庫」と「院外委託倉庫」に大別されます。ホスネット・ジャパンでは、

・院外SPDシステム
・院内SPDシステム
・院外院内折衷型SPDシステム

の3タイプのシステムを提供致しております。

院外SPDシステム

  • ●院外委託倉庫から病院の各部署に配送・定数補充を行います。
  • ●物品の売買は病院主導と弊社主導があります。病院主導の場合、医材の仕入先は病院からの指示により決定いたしますので従来の納入業者から購入を継続していただけます。
    弊社主導の場合、条件の優位なメーカーもしくは地域大手代理店との直接取引を検討し、購買面での経済効果を追及できます。
  • ●物品は、一部の物品を除き、使用時に購入扱いとなる預託在庫方式を取ります。
  • ●物品の消費情報はデータ電送にてお送りいただき、消費した物品のみを定数補充いたします。

在庫の預託化により在庫資金・在庫スペースを有効活用できるSPDシステムです。

院内SPDシステム

  • ●院内の倉庫から病院各部署への配送・定数補充を行います。
  • ●物品の売買は従来からの納入業者と取引を継続します。物品の売買契約は病院主導で行います。
  • ●物品は、納入時購入となり全て病院在庫として管理します。
    病院倉庫に運用スタッフを常駐させ、物品管理業務を行います。
    病院職員による運営も可能です。
    必要に応じ、院内搬送業務やセンター内作業などの業務を、委託していただくことが可能です。

病院内での運用に即した、細やかな運用が可能なSPDシステムです。

院外院内折衷型SPDシステム

  • ●院外委託倉庫から病院の各部署に配送・定数補充を行います。
  • ●物品は、定数管理商品は使用時に購入扱いとなる預託在庫方式を取ります。
    定数管理以外の商品は納入時購入となる病院在庫として管理します。
  • ●院内SPDシステムと同様に病院倉庫に運用スタッフを常駐させ、物品管理業務を行います。
    必要に応じ、院内搬送業務やセンター内作業などの業務を、委託していただくことが可能です。

定数在庫の預託化による効果と、病院内での細やかな運用が可能なSPDシステムです。

医療材料の管理はバーコードラベルを使用するので簡単です

  • ●2次元バーコードの使用により、情報が豊富で正確な管理が実現しました。
    医材添付のラベルにはバーコード処理だけでなく、日本語表記もされています。
  • ●現場の作業はバーコードを貼り付けるだけの簡単運用で、情報の伝達ミス・トラブルも防げます。
  • ●医療材料添付ラベルは、在庫定数管理を行う用度課と医事請求処理を行う医事課とそれぞれ専用のラベルがあります。

【管理情報】

院内情報: 配送診療科
商品情報: メーカー名、商品名、規格、入数、定価、滅菌期限
医事情報: 保険請求名、償還価格、償還分類名、施設医事コード
保険請求漏れ: 保険請求品と一般・医療品で医材添付ラベルの色が異なるため一目で判別できます。

医療材料マスタ管理は、ホスネット・ジャパンが行います

  • ●SPDを運用する上で一番重要なことは、医療材料マスタのメンテナンスです。
    ホスネットは医療機関や医療器材ディーラーに対して、医療材料の商品情報を提供し、メンテナンスサービスを受託しています。
  • ●医療材料は約40万アイテムあると言われており、新商品発売、価格変更、薬価改定、薬事関連情報の追加などを、マスタメンテナンスしておく必要があります。
  • ●メンテナンスされた医療材料マスタを上手く活用することで、オーダリングシステムなど院内情報システムが円滑に活用でき、有益な経営情報を入手することが可能となります。