会社情報

刊行物

海外医療情報誌 Medical Globe
内容紹介 医療器材市場は全世界で約25兆円と言われています。
このうち米国市場は11兆円(42%)。先端的な医療技術はもとより、医薬品・デバイスの開発力、民間主体の高い競争力のヘルスケアサービスを有し、アメリカはまさに医療大国といってもよいでしょう。
EUは約9兆円(34%)。 最新のデバイスの治験・承認は世界に先駆けて、EUで行われることが多くなっています。
アジアパシフィックは日本にせまる市場規模となり、年率8%以上の高成長が今後も続くと予想されています。
今後の医療行政、診療技術、医療器材を考えていく上で、このような海外動向をいち早く把握し、新しい成長の機会をうかがうことは欠かせません。
しかし残念ながら、海外の市場動向・医療技術・新製品・治験承認・M&A・病院マネジメント・品質管理・医療訴訟リスク管理といった情報を網羅し、定期的に入手できる日本語の情報源はあまり見あたりません。
そこでカワニシホールディングスでは、Medical Globe編集室を設置し、これら海外情報の収集・分析・情報加工を行っています。
また毎月1回、選りすぐりの情報を集めた「Medical Globe」を刊行し、医療器材の開発・流通に携わる方々、医療機器を取り扱う医療現場の方々への情報提供を行っています。
海外の情報は、クラリベイト・アナリティクスならびにAHC Media LLC.と提携し、同社の誇る最新のグローバル情報の中から厳選したコンテンツを、分かり易い日本語版のダイジェストで提供しています。

毎月15日発刊、1号20頁、年12号発行

Medical Globe
医療文化情報誌「知遊」
内容紹介 カワニシグループが支援する特定非営利活動法人日医文化総研から、年2回(毎年1月と7月)刊行される文化情報誌。
医療産業を「文化」や「製造」という視点を通じてより身近なものとして認識してもらい、生活に息づく健康・医療文化を確認してもらうことを趣旨としています。
編集にあたっては、京都大学名誉教授の今福道夫氏、俳優の仲代達矢氏、歴史学者で作家の磯田道史氏を編集委員としてお迎えしお力添えをいただいています。
創刊号   2003年11月27日発行
第30号   2018年7月5日発行

日医文化総研(NPO法人)ホームページへ
知遊 第30号

「知遊」の連載企画「ヒューマンドキュメント 医療機器を開発する人たち」は、医療機器の開発現場に光を当て、秘められた開発物語を掘り起こし、開発過程をドキュメントの形式で記録して、世に広く知らしめることを目的としています。
この「ヒューマンドキュメント」が、日本経済新聞社系列の大型デジタル媒体「日経デジタルヘルス」にて公開されています。
医療機器を開発した功労者の知られざる物語をお楽しみください。

日経デジタルヘルス「ヒューマンドキュメント」掲載記事一覧へ

「正々の旗 堂々の陣」
内容紹介 カワニシホールディングスにて編集している社内書籍。日本IBM、長崎けんみん信組と要職を歴任され、企業改革を断行した故高津成志様のご指導を頂いてPART1を発刊。
カワニシグループを支える変わることのない「理念」、医療業界の環境変化、事業方針とサブシステムについて記述し、毎年作成している。

医業経営の舵とり「ボランチ」
内容紹介 医療総研(株)が隔月で発行する医療機関向け情報誌。
医療法、診療報酬体系、介護保険などを具体的事例やシミュレーションを交えながら分かりやすく解説している。

■医療総研株式会社 隔月1回1日発行
医療総研株式会社ホームページへ

▲ページトップへ