医工連携への取り組み

カワニシホールディングスは、日本医工ものづくりコモンズの
「日本のものづくりで医療機器を世界に届ける」という理念に共感し、
「医工連携」に積極的に取り組んでいます。

医工連携とは

「医学分野」と「工学分野」が連携し、新しい医療機器を開発することを「医工連携」といいます。

医・歯・薬学部や医療機関などの医学分野には、「こんな機能を追加してほしい」「ここを改良したらもっと使いやすくなる」といったニーズがあふれています。
一方、工学分野の理工学系学部やものづくり企業は、それぞれが独自の先端技術やノウハウを持っています。

従来の「医工連携」は、ニーズをもとに製品開発を進め、製販企業に販売の相談が来るケースが多かったのですが、いざ販売しようとすると、機能やコストが折り合わないため、製品化が難航する場合がありました。

「製販企業ドリブン型医工連携」では、製販企業や当社のような販売企業が間に入ることで、医療機器の市場動向や機能を事前に検討し、ときには公的支援機関の支援を受けながら製品開発を進めていきます。
産学官が連携することで、効率よく医療機器開発が行われることをめざしています。

従来の医工連携従来の医工連携

製販企業ドリブン型医工連携製販企業ドリブン型医工連携(日本医工ものづくりコモンズの資料を参考に当社作成)

今後の活動予定

2018年06月14〜16日
第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(福岡)に出展します。
2018年07月06〜07日
第44回日本骨折治療学会(岡山)に出展します。
2018年07月11日
MINCの会「海外医療機器の最新動向勉強会」in 国立国際医療研究センター(第5回)
の開催に協力します。
2018年09月04日
東京都医工連携HUB機構 医工連携人材育成講座にて講演(代表取締役社長 前島洋平)。